志望動機のAI自動作成ツールは便利?実際に生成してみた。

  • 更新日:2023/12/27
  • AIコンテンツ作成

*本ページはプロモーションが含まれています
この記事は、GPTのAPIを活用することで、画像・本文・入稿に至るまですべて自動化されています。公開前に編集者のファクト・エビデンスチェックなどの工程を経ていますが、お見苦しい表記があればお問い合わせください。

転職市場における差別化の鍵、それは「志望動機」に他なりません。どれほどの魅力的な経歴を持ち合わせていたとしても、共感される志望動機を書くことができなければ、夢の職にたどり着くことは困難を極めるでしょう。

しかし、自分では気づきにくい強みをいかにアピールするか、オリジナリティを損なわずに自己PRをするかは、案外難しい問題です。そこで、この記事では、AIの力を借りて個人の強みを明らかにし、印象深い志望動機を作成する方法から、AIツールの選び方までを分かりやすく解説します。

この記事を最後まで読むことで、面接官を唸らせる志望動機を作成し、ポテンシャルを最大限に発揮して、競争の激しい就職戦線を突破するための第一歩を踏み出しましょう。

志望動機作成におけるAIの役割とは?

志望動機は、以下のAIの支援を受けることができます。

  • データ分析による個人の強みの特定
  • 業界別の志望動機のテンプレートを提供
  • 言葉遣いや表現の多様性を提案
  • 志望動機の構成と流れの助言

データ分析による個人の強みの特定

AIが就職活動における志望動機作成で果たす役割の中でも、特に強みのある分野は、データ分析を駆使した就活生の隠れた能力や特徴の抽出です。ほとんどの就活生は自らの多彩な経験やスキルを持ちながらも、それらを企業に効果的にアピールする手段を持ち合わせていません。

AIは、エントリーシートや履歴書などのデータからパターンを読み取り、大学やアルバイト、インターンシップでの活動、得意分野や学生時代に頑張ったことなどから、その人の強みとなるポイントを探り出すことができます。

業界別の志望動機のテンプレートを提供

AIはその学習機能によって、個々の業界が重視する価値観や人材の資質を把握し、これらを踏まえた業界別の志望動機のテンプレートを提供します。

業界特有の要求に応じて、AIは就活生がエントリーシートに入力した情報をもとに、該当する業界に最適な模範となる志望動機の骨組みを作り上げます。これによって、企業が求める人材像に即した志望動機が形作られることになり、面接官を納得させる効率的なアピールが可能です。

言葉遣いや表現の多様性を提案

AIはその大規模な文章サンプルのデータベースを活用し、個々の就活生に相応しい表現のバリエーションを提案することで、一層の説得力を持つ志望動機作成へと導きます。

AIは異なる言い回しや印象的なフレーズ、例えば「熱意を持って取り組む」を「情熱的に追求する」と言い換える過程で、AIは就活生の過去の経験や特技にマッチする言葉選びを行い、それによって志望動機を読む面接官の関心を惹きつける内容を構築するために貢献します。

志望動機の構成と流れの助言

AIはまた、志望動機を作成する際の各部分の構成と流れに関しても、有益なアドバイスを提供します。志望動機には、ただ長い文章を並べるだけでなく、それぞれが意味を持った形で、論理的に練られていくべきストーリーラインがあります。

AIは最適な構成をもとにスムーズな読み心地を実現する流れのアドバイスを行い、就活生はそれぞれの指針に基づいて自身の志望動機を体系的かつ戦略的に作り上げることができます。

志望動機の作成にAI自動作成ツールを使うメリット

志望動機の作成において、AI自動作成ツールの利用は数多くのメリットがあります。

  • 時間節約
  • 客観的な視点からの自己分析援助
  • 豊富な表現パターンの提供

時間節約

AI自動作成ツールを使う最大のメリットの1つは、時間を大幅に節約できることです。就職活動中、多くの企業へのエントリーシート(ES)を作成することは非常に時間がかかりますが、特に、会社ごとに異なる志望動機を考えることは一層の労力を必要とするものです。

AIツールを使用することで、必要な情報を入力するだけで、短時間内に複数の志望動機を生成できます。これにより、志望動機の作成で消耗する時間を削減し、就活生は他の就職活動準備により多くの時間を割くことができます。

客観的な視点からの自己分析援助

AIツールの利用は、客観的な視点から自身を分析する手助けとなります。就職活動では、自己分析が重要ですが、自分自身の特性や経験を客観的に捉え、言語化することは容易ではありません。

AIツールは無数の就活生のデータから学習しているため、提供される内容に基づいた多様な視点から自己PRや志望動機を生成するのに役立ちます。これによって、見落としがちな強みや特徴を引き出すことができます。

豊富な表現パターンの提供

AI自動作成ツールは、多様な表現パターンを提供するというメリットも持ちます。異なる企業に応じて、または個性を反映させた言葉選びが必要ですが、同じ文脈の文を何度も作るのは困難です。

AIツールは、入力した情報に基づいて、複数の志望動機の草案を生成し、それぞれが異なった角度から魅力を伝える方法を模索します。このように、ESを通じて伝わる個性がより豊かになり、採用担当者に差別化された印象を与えることができるでしょう。

志望動機の作成にAI自動作成ツールを使うデメリット

志望動機では、以下の様々なデメリットが考えられることから、AI自動作成ツールを使う際には注意が必要です。

  • 個人化の限界
  • オリジナリティの不足の可能性
  • 依存し過ぎると自己表現力の低下
  • プライバシーの懸念

個人化の限界

AI自動作成ツールを使用して志望動機を作成する際の課題が個人化の限界です。1人ひとりの就職活動において、自分自身の個性や独自のスキルを前面に出すことで企業の注目を集め、他の応募者との差別化を図る必要があります。

しかし、多くの場合、AIは様々な個人データやテンプレートに基づいて文章を構築するものの、その流れは一般的であり、結果として出力される志望動機の内容もまた汎用的なものになりがちです。

このため、個々人のユニークな経歴や特技、情熱を細やかに反映させることは難しく、結果的に他と区別のつかない応募書類の中に埋もれてしまうリスクがあります。

そのため、AIによるサポートを活用しつつも、最終稿では自身でしっかりと推敲を行い、自分だけの色が際立つような文書作りを心がけるべきでしょう。

オリジナリティの不足の可能性

AIによる自動作成はしばしば、オリジナリティの不足という問題を引き起こします。一般的に、良質な応募書類は個人の経験やキャリアに根ざした具体的な内容で構成されるべきです。

しかし、AI作成ツールは大量の応募者データを元に決まり文句や標準的なフレーズを連ねて文書を作り上げる傾向があります。このように、個々のユニークな価値観や、特有のエピソードを表現するには適さない場合が多く、シナリオが採用担当者の目に留まらず、印象に残らない可能性が高まります。

採用担当者は、多数の書類を毎日のように見ており、AIによって生成された内容が無個性であることを瞬時に見抜くことができます。自身のストーリーや経験を効果的に伝えるには、個性的な表現や独自のアプローチが不可欠です。

依存し過ぎると自己表現力の低下

AIツールへの過度な依存は、不用意に自己表現力を低下させる原因となります。社会人として自身を適切にプレゼンテーションする能力は、日々の仕事だけでなく、面接などの場面でも必須のスキルです。

AIのサポートは時に有益ですが、それに頼ることで、本来ならば磨くべきコミュニケーションスキルがおろそかになりがちです。

特に面接の場では、応募者は自分の強みや将来のビジョンを「独自の言葉で表現する力」が求められるため、事前にAIに頼りっきりで応募書類を作成していた場合、圧迫感のある状況下で自己表現に苦慮してしまうことが予想されます。

そのため、志望動機や自己PRの作成にAIを利用する際は、補助的なツールとして考え、自己表現のトレーニングを常に意識し、実際の対面でのやり取りでも自分の考えや経験をしっかりと語れるように準備しておくべきです。

プライバシーの懸念

AIを活用した志望動機の作成に際しては、プライバシーへの配慮も欠かせません。多くの作成ツールでは個人的な情報を要求されるため、それらがどのように管理され、保護されているかについての懸念が生じます。

例えば、キャリアの詳細や個人情報をツールに入力する行為自体が、データの安全性を脅かす可能性があるはずです。

一部のツールはセキュリティが完全に確立されておらず、外部に情報が流出する危険性をはらんでいる場合があるため、厳格なデータ保護ポリシーを持つ信頼のおけるプラットフォームを選び出さなければなりません。

SAKUBUNならデメリットをカバーできる

SAKUBUNは、上記で述べたAI自動作成ツールのデメリットをカバーする機能をそなえており、志望動機作成において非常に使いやすいです。

  1. 個人化の限界への対応

    ユーザーからの詳細な入力に基づいてカスタマイズされた文書を生成する能力を持っています。これにより、個々の経験や特性を反映した、より個人化された志望動機の作成が可能です。

  2. オリジナリティの向上

    複数のトーンを指定でき、標準的な文面から一歩進んだ、クリエイティブでユニークな文書を作成できます。これにより、志望動機に必要なオリジナリティを確保しつつ、個性を際立たせることができます。

  3. 自己表現力の維持と向上

    ユーザーの自己表現を支援するため、エディター機能を搭載しています。AIによる提案をベースに、ユーザーが自分の言葉でアイデアを加えることを奨励し、自己表現力の向上にも便利です。

  4. プライバシー保護の徹底

    API経由で作られており、GPTの学習に使われることがありません。入力値のデータも適切に処理され、安全な環境で使用できます。

それぞれの特性により、SAKUBUNは志望動機の作成において、効率的で質の高いアウトプットを実現できます。ぜひ、カスタムテンプレートを試してみてください。

10倍速でコンテンツ作成!AIライティングSAKUBUN

自己分析とAIの組み合わせで魅力的な志望動機を作る方法

自己分析とAIの組み合わせは、以下のステップで行うことで魅力的な志望動機を作り出します。

  • 自己分析のステップ
  • 過去の経験をリストアップ
  • 自身の強みと弱みの特定
  • キャリアゴールの設定
  • AIツールとの連携方法
  • 適切な情報の入力
  • ツールの提案を活用した修正
  • 複数案の比較検討

自己分析のステップ

自己分析は、魅力的な志望動機を形成するために必要不可欠なステップです。この流れを通じて自分の経歴、どの分野で能力を発揮してきたか、何に情熱を注いできたかを詳細に検証します。

自己の興味や価値観を明確にすることで、求める職種や業界にどのようにフィットするかを理解し、自己理解を深めることができるためです。この自己分析はじっくりと心がけるべきであり、仕事に関する実績や学校でのプロジェクト、専門技能まで幅広くカバーする必要があります。

その後、AIツールを適切に活用して志望動機を構築する際、個々の経験やスキルがどのように価値をもたらすのかを適切に表現する上で役立つものです。

過去の経験をリストアップ

過去の経験リストを詳細にまとめることは、自己分析においてきわめて具体的なものとなり、志望動機に真の納得感を与えます。これには、仕事の達成事項、学業成果、ボランティア活動、趣味や興味の分野を振り返り、自己の成長や学びの体験を含めることが含まれます。

過去の実績や参加したイベント、取り組んだプロジェクトなどを精密に挙げ、それぞれの経験から得たスキルや知識を具体化させましょう。AIツールを使用する際にもそれぞれのリストはデータの入力として利用し、適切な志望動機の創造へと繋がります。

自身の強みと弱みの特定

自己分析と同じくらい重要なのが、自身の強みと弱みを特定することです。それぞれのポイントを明確にすることで、職務経験や特技を伝えるときにより説得力のあるアピールを行うことができます。

また、弱みに関しては、自身が成長するための改善したいポイントとして捉え、選考過程での質問への対応などにおいても前向きな姿勢を示すことが可能です。

キャリアゴールの設定

目指すべきキャリアゴールを設定することは、自分が達成したい職業的な目標を明確にし、それを叶えるために目指す企業がどのように役立つかを理解する基盤となります。

目指す職位、狙いたい業界、達成したい専門性など、長期間にわたるビジョンを表現することで、志望企業がキャリアパスにどう貢献できるかを明確に示せるはずです。そしてこのビジョンをAIツールに入力すると、関連性や達成可能性が高まり、より魅力的な志望動機を構築する素材となります。

AIツールとの連携方法

適切なAIツールを選ぶことは、自己分析の成果を最大限に活かし、有効な志望動機を生成する上で不可欠です。選定したAIツールは、自己分析結果とキャリアゴール、経験リストを基に、個性を活かした志望動機を提供する機能を有しています。

ツールを利用する際には、事前の準備としてこれまでのデータを整理し、最終的な志望動機を磨くために必要な情報を提供する準備をしておくことが重要です。

適切な情報の入力

AIツールへの適切な情報の入力は、生成される志望動機の質を決定づけます。まず、自己分析の結果を含むすべての情報を正確かつ詳細に入力します。

それぞれの情報には、自分のスキルセット、経験の詳細、キャリアゴールが含まれ、AIツールがこの情報を処理し企業に適切な志望動機を形成するための基盤を作ります。

SAKUBUNでは、カスタムテンプレートがあるため、実際に生成してみましょう。目指すのは下書きであることから、そのまま使える状態となっていないことに留意してください。

以下、カスタムテンプレートのプロンプトにそのまま入力するだけで使えます。タイトル、説明は自らがわかりやすいもので構いません。

【SAKUBUN】
- 自己分析のステップ:{{自己分析}}
- 過去の経験リストアップ:{{過去の経験}}
- 自身の強みの特定:{{強み}}
- 自身の弱みの特定:{{弱み}}
- キャリアゴールの設定:{{キャリアゴール}}

【出力内容の指示】

上記の情報をもとに、私にピッタリの志望動機を詳細にわかりやすく提示してください。その志望動機では、以下の条件も加えてください。

「転職理由」と「魅力点」を結びつける
自分のスキル・実績とあわせる
「共感」の根拠を具体的に示す
なぜ良いと思ったか、なぜそう思ったのか、細かく具体的に説明を加える
採用側にメリットがある内容を伝える
意欲を過去の経験と合わせて伝える
スキルや経験をどう活かしたいかを伝える

完成したら、以下の入力値を入れて生成します。実際の結果も出力してみました。

  • 自己分析:AIが得意
  • 過去の実績:AIのツールを作った
  • 強み:完成まで諦めない、他の手法も取り入れる
  • 弱み:夢中になること
  • キャリアゴール:Webエンジニア
私の志望動機は、過去のAIツール開発経験を活かし、Webエンジニアとしてさらなる技術革新に貢献することです。転職を決意した理由は、AIとWeb技術の融合によるイノベーションの可能性に魅力を感じたからです。私は、AIのツールをゼロから作り上げる過程で、問題解決に対する執着心と、異なる手法を取り入れる柔軟性を身につけました。これらの強みは、Webエンジニアリングの分野でも大いに役立つと確信しています。

私が夢中になることは、一見弱みのように見えますが、それは私がプロジェクトに対して全力で取り組むことを意味します。この情熱は、完成度の高い製品を生み出す原動力となります。また、私のキャリアゴールは、Webエンジニアとしてのスキルを磨き、最先端のWebサービスを創出することです。貴社の革新的なプロジェクトに共感し、そこに私のAIに関する知識と経験が貢献できると強く感じました。

具体的には、AIを活用したユーザー体験の向上や、データ処理の効率化など、私のスキルセットがプロジェクトの質を高めることに直結します。採用されれば、私の持つ完成まで諦めない精神と、異なる手法を組み合わせる能力をもって、貴社の目指す目標達成に貢献することでしょう。

他業種での経験からは、異なる視点で問題にアプローチすることの重要性を学びました。この視点は、Webエンジニアリングの分野でも新たな解決策を見出すための重要な鍵となります。私は、これまでの経験を活かし、貴社のチームに新しい風を吹き込み、共に成長していくことを熱望しています。

最後に、私の意欲は、過去の成功体験に裏打ちされています。AIツール開発での実績は、私が新しい技術を習得し、それを実用化する能力を持っていることを示しています。貴社での新たな挑戦を通じて、私は自身のスキルをさらに磨き上げ、貴社の成功に寄与することを心から楽しみにしています。

なお、情報が不十分か曖昧であると、結果として生成される志望動機も不鮮明かつ説得力を欠いたものになりかねません。ある程度の入力は必要なため、一定の情報を常に使えるよう保管しておくと良いでしょう。

ツールの提案を活用した修正

AIツールの提供する提案を基に、内容を精査し修正していく段階は非常に重要です。AIによって生成された文案はあくまで原案であり、完璧な志望動機を生み出すことは難しいため、その後の人間による調整が不可欠です。

独自の言葉での表現やニュアンスを加え、より個性的で、自らを反映した真実味のある志望動機に仕上げることで、採用担当者に強い印象を残せます。SAKUBUNのAIエディターや、テキストエディターで編集して使いましょう。

複数案の比較検討

AIツールを用いて生成した複数の志望動機を比較検討することで、自己分析と企業への理解を元に、もっとも自身に合った、そして企業に響くものを見極めます。

提案された各志望動機は、異なる視点や言い回しでアピールポイントが展開されており、それぞれの案には独自の強みがあります。それらを比較することで、自己理解をさらに深め、企業に向けた説得力のあるメッセージを完成させることができるものです。

10倍速でコンテンツ作成!AIライティングSAKUBUN

志望動機の作成に使うAI自動作成ツールの選び方

志望動機は、以下のポイントを踏まえたAI自動作成ツールの選び方が重要です。

  • 業界特有の用語や表現が含まれているか
  • ツールのアップデート頻度
  • レビューや評価のチェック
  • 対応業界の幅広さ
  • サポート体制と利用者のアクセスの容易さ

業界特有の用語や表現が含まれているか

志望動機文を自動生成するAIツールの選択には、業界特有の言葉への対応が不可欠です。例えば、金融業界では「ポートフォリオ」や「リスクヘッジ」といった専門用語が自然に使われますし、IT業界であれば「クラウドコンピューティング」、「エンドポイントセキュリティ」などの用語が正確に理解されねばなりません。

それぞれの業界に特化して学習を重ねたAI自動作成ツールは、それぞれの専門用語を適切に使用し、志望動機に組み込むことで、専門性を具体的に示すことができるものです。

業界特有の用語の正しい使い方を把握し、実際にどの文脈で使われているかを示せる例文の提供があるかどうかも、ツール選びの際の重要なポイントです。

ツールのアップデート頻度

AIツールの質は、アップデートの頻度によって大きく左右されます。テクノロジーは絶えず進化しており、この変化に対応するためにも定期的なアップデートが求められます。

頻繁にアップデートを行うツールは、AIの能力の向上だけでなく、最新の業界トレンドや言い回しを取り込むことが可能です。そのため、より洗練された志望動機を生み出すことができます。

更新履歴や今後のロードマップを確認することで、ツールがどの方針で改善されているのかを把握し、最新の言語モデルを反映した効果的な志望動機が書けるかの判断材料にしましょう。

レビューや評価のチェック

他の利用者からのレビューと評価は、AIツールを選択するための信頼できるバロメーターです。特に、良い経験をしたと評価するユーザーの多いツールは、その効果や信頼性を示す強力な証拠となります。

ユーザーのレビューは、機能的な優れている点はもちろんのこと、潜在的な欠点や不具合についても知ることができるため、未然に問題を避けたり、自身の具体的なニーズとの相性を見極めたりするのに役立つものです。

具体的な成功例や使用中に発生した問題点が記載されているレビューを読むことで、ツールの機能性をより深く理解しましょう。

対応業界の幅広さ

AIツールが幅広い業界に対応しているかどうかは、長期的に見てそのツールの利用価値を大きく左右します。例えば、ファッション業界だけでなく、教育業界にも適応することのできるツールは、一般的な言葉遣いに加え、特定の分野の専門知識を反映した文章生成ができることを意味します。

幅広い業界に対応しており、特定の分野に精通したツールを探す際には、関心を持つ、または就職を考えている業界に特化したラインナップが提供されているかを確認することが鍵です。

サポート体制と利用者のアクセスの容易さ

また、AIツールを選ぶうえで見過ごせないのが、サポート体制の充実度と利用のしやすさです。質の高いカスタマーサポートが付帯しているツールは、疑問や問題が生じた際に迅速に対応してくれるため、安心して志望動機の作成に取り組むことができます。

ツールのアクセスの容易さも重要で、例えばWebベースで、登録なしで使えるツールや、直感的なユーザーインターフェイスを持つツールは利用しやすく、応募文書の作成を効率化します。

ユーザーフレンドリーな設計と充実したサポートは、使いやすさを大きく向上させる要因となるため、評価と共に確認しておきましょう。

志望動機をAIで自動作成するならSAKUBUNが便利

就職活動や転職市場において、志望動機は非常に重要な要素です。志望動機がうまく伝えられないことは、応募者の悩みの1つとされています。

その悩みを解決するために、AI技術を用いて志望動機を自動作成できるサービス「SAKUBUN」が役立ちます。必要に応じて、カスタムテンプレートを修正するだけで、意図にあった文章を生成できるためです。

固定されたテンプレートの回答よりも、柔軟かつオリジナルの文章を作りやすくなります。例として、作成したテンプレートを公開しておきます。

- 自己分析のステップ:{{自己分析}}
- 過去の経験リストアップ:{{過去の経験}}
- 自身の強みの特定:{{強み}}
- 自身の弱みの特定:{{弱み}}
- キャリアゴールの設定:{{キャリアゴール}}

【出力内容の指示】

上記の情報をもとに、私にピッタリの志望動機を詳細にわかりやすく提示してください。その志望動機では、以下の条件も加えてください。

「転職理由」と「魅力点」を結びつける
自分のスキル・実績とあわせる
「共感」の根拠を具体的に示す
なぜ良いと思ったか、なぜそう思ったのか、細かく具体的に説明を加える
採用側にメリットがある内容を伝える
意欲を過去の経験と合わせて伝える
スキルや経験をどう活かしたいかを伝える

SAKUBUNを利用し、手間をかけずに志望動機を短時間で準備し、オリジナルにカスタマイズしつつ使ってみてください

志望動機とAI自動作成に関するFAQ

志望動機とAI自動作成に関するFAQへ回答します。

  • AIは何をするのか?
  • AI就活とは何ですか?
  • AI就活のメリットは?
  • 志望動機の作成ツールはバレる?

AIは何をするのか?

AIとは人工知能であり、様々な分野で私たちの作業を支援する技術です例えば、ユーザーが提供した対話のスクリプトや特定のキーワードに基づいて、物語を創り出したり、複雑な文章を要約したりする能力を備えています。

AI就活とは何ですか?

AI就活は、就職活動の流れ全般に人工知能を導入し、求職者にとってよりスムーズで効率的な体験を提供することを目指しています。具体的には、履歴書の自動作成、志望動機の生成、模擬面接の実施、そして企業研究の助言など、様々な機能を提供しています。

AI就活のメリットは?

AI就活の主要なメリットは、その効率性に集約されます。一般に、求職者は自己理解を深めるために多大な時間を費やし、自分に適した仕事や企業を探索するためには膨大なリサーチが必要でした。しかし、AI技術によって、それぞれの過程が大幅にスピードアップし、より短時間で的確な情報収集や自己表現が可能です。

志望動機の作成ツールはバレる?

就職活動において、AIによる志望動機の作成ツールの使用はバレます。生成した文章をそのまま使えば、高確率で見つかるでしょう。その理由は、AIが生成する文章には独特のパターンや印象があることも多く、そこから機械的なフィーリングを感じ取ることができるからです。

これには、矛盾や文脈にそぐわないフレーズの使用、不自然な表現の挿入などが含まれます。最終的なコンテンツは、あくまで求職者自身の経験と言葉に基づいて精緻化されるべきであり、自分自身の言葉で磨き上げることが不可欠です。

AI writer

This article was written by an AI writer.

この記事はAIライターによって自動生成され、監修者(ページ下部記載)の校正・校閲・リライトを経て公開されています。AIライターは、常に最新の自然言語処理技術を使用して、多様なトピックについて高品質な記事を生成しています。AIライターのイメージ画像もAIが作成しています。

AI writer

監修者 : A・Yoshida

Webライターとして10年以上の経験を持ち、コピーライティング、SEO対策、マーケティング、ブログ執筆、SNSコンテンツ制作などの分野で活躍中。 企業や個人のSEOコンテンツ制作のアドバイザリーや制作に貢献する専門家。AI原稿作成サービスを提供中。プロフ画像はAIが作った模様。