ChatGPTでSEO記事は可能?|AIを駆使して検索順位は向上できるか

  • 更新日:2024/01/06
  • AIコンテンツ作成

*本ページはプロモーションが含まれています
この記事は、GPTのAPIを活用することで、画像・本文・入稿に至るまですべて自動化されています。公開前に編集者のファクト・エビデンスチェックなどの工程を経ていますが、お見苦しい表記があればお問い合わせください。

「ChatGPTでSEO対策を施したブログ記事を書きたいけど、どうすればいいの?」「どのようにして検索エンジンに強いコンテンツを作り出せるんだろう?」とお悩みですね。

それぞれは、SEOとコンテンツ作成において、多くのライターやマーケターにとって共通の課題でもあります。

しかし、多くの場合、効果的なSEO対策を取り入れながらも効率的な記事執筆を行うという、そのバランスを見つけることは容易ではありません。

そこで、この記事では、ChatGPTを活用したタイトル生成、アウトライン作成、キーワードリサーチからメタタグの自動生成、シンタックスエラーの修正などを詳しく解説します。

ぜひ、最後までご一読ください。

この記事は、GPTのAPIを活用することで、
画像・本文・入稿に至るまで
すべて自動化されています。
公開前に編集者のファクト・エビデンスチェック
などの工程を経ていますが、
お見苦しい表記があればお問い合わせください。

Contents

1. ChatGPTでSEO記事を効率化
基本となるアプローチ

ChatGPTでSEO記事を効率化するためには、以下の生成が必要です。

まずは簡単に概要を見ていきましょう。

  • タイトル生成
  • アウトライン作成
  • イントロダクションの草稿
  • キーワードリサーチ
  • 内容の拡充

タイトル生成

タイトルは、読者が記事をクリックするきっかけとなります。

そのため、ChatGPTを使ってSEOに強い、魅力的なタイトルを生成することが重要です。

タイトルには対象キーワードを組み込むことで検索エンジンに認識されやすくなります。

アウトライン作成

記事の枠組みを形作るアウトラインは、効率的な記事作成に不可欠です。

ChatGPTを駆使することで、メインのトピックに沿った整理されたアウトラインを作成できます。

例えば、「導入」「ChatGPTの概要」「実践方法」「ケーススタディ」「結論」という流れであれば、読み手が情報をスムーズに消化できる構造の例です。

イントロダクションの草稿

イントロダクションは読者を記事に引き込むための最初の接点です。

ChatGPTを使用して、テーマに即した魅力的なイントロダクションを生成できます。

どのように書き、読者を惹きつけるのかを考える必要があります。

キーワードリサーチ

SEO対策として重要なのが、キーワードリサーチです。

ChatGPTに特定テーマに適したキーワードを提案させ、それを記事全体に織り交ぜることで、検索結果での可視性の向上を目指すことができます。

例えば、「ブログ最適化」「ChatGPT使用法」といったフレーズは、検索ユーザーのクエリとマッチしやすくなります。

内容の拡充

内容の拡充では、アウトラインに沿って詳細な情報を追加します。

ChatGPTの利用によって、各セクションに対する厳選された情報の提供や、読者が求める具体例の提示を行うことができます。

ここまでの流れを踏襲することで、ChatGPTでもSEOに強い内容を作り込むことができます。

2. ChatGPTの記事プロンプト活用法
SEOに強い内容を作るコツ

## 2. ChatGPTの記事プロンプト活用法:SEOに強い内容を作るコツ
のAIイメージ画像
  • プロンプトに含めるべきSEO要素
  • 関連キーワードの組み込み方
  • ユーザーの検索意図を汲み取るプロンプト
  • 質問型プロンプトの構築

プロンプトに含めるべきSEO要素

SEOに強い記事を作成するためには、プロンプトにいくつかの要素を含めることが肝心です。

  • 明確な対象の指定
  • タスクの指定
  • キーワードの使用
  • 書くべき内容の指定
  • 情報となるデータの提示

これだけではイメージでないはずなので、以下の例を作ってみました。

#指示
あなたのタスクは「」です。
#ルール
・〜〜文字以内
・「〇〇」と「××」のキーワードを繰り返し使う
#情報
xxxxxxxxxxxxxxxxx.
xxxxxx.
xxxxxxxxx............
#入力値
必要に応じた入力値を記入

こうしたSEOに強いとは、どのような文章なのかをプロンプトで定義すると良いです。

関連キーワードの組み込み方

関連キーワードは、主題に密接に関連した語句です。

これらを自然に文章に織り交ぜることで、SEO効果を高めることができます。

例えば、ChatGPTに関する記事ならば、「人工知能」や「自然言語処理」などが関連キーワードになります。

キーワードをリストアップし、それらを自然なコンテキストで用いるようにしましょう。

また、意味のあるバリエーションを使ってキーワードの密度を増やし過ぎないよう注意が必要です。

簡単にいうと、共起語も可能な範囲で使うように伝える必要があるということです。

ChatGPTの場合、「日本  情報  機能  質問  無料  検索  解説  サービス  回答  方法  記事  入力  更新  利用  サイト  生成  一覧  会話  表示 」のようなキーワードを使う

参考:共起語検索(https://neoinspire.net/cooccur/)

ユーザーの検索意図を汲み取るプロンプト

記事のトピックを定めた際、重要なのがユーザーの検索意図を理解することです。

ChatGPTの記事を書く場合、検索者が求めているのは「使い方」や「機能」などかもしれません。

それぞれの意図を汲み取り、それに応える内容を提供することがSEOにおいて非常に重要です。

  • GPTで自動化したいのか
  • 本文を書きたいのか
  • 構成案を作りたいのか
  • 構造化マークアップを書きたいのか

ユーザーがどの疑問を持っているのかを想像し、それに対する具体的な答え有益な情報を提供するプロンプトを構築しましょう。

質問型プロンプトの構築

質問型のプロンプトを作成するときは、一般的な疑問に答える形式で記事を構成することが効果的です。

例えば、「ChatGPTを日常業務にどう組み込むか?」や「ChatGPTはSEO対策にどう影響するか?」など、人々が実際に検索するであろう質問をピックアップすることが重要です。

この方法を取り入れることで、読者の探している情報にダイレクトに答えることができ、Googleの検索結果での評価を高めることにつながります。

3. ChatGPTでSEO記事を生成するためのプラグイン選び

ChatGPTで使えるプラグインの選び方を、一応伝えておきます。

画像を見てもらえるとわかりますが、履歴をOFFにするとプラグインは利用できません(2024年1月時点)。

そのため、入力情報で漏えいして困るものが含まれる場合、オプトアウトしているはずなので、プラグインは利用できません

これを踏まえて、お探し&ご利用ください。

  • 実績のあるプラグインの特定
  • プラグインの機能比較
  • 更新頻度とサポート体制

実磾のあるプラグインの特定

ChatGPTプラグインの選定には、既に成功を収めているものを探すことが不可欠です。

例えばSEOに関する機能を持つChatGPTプラグインなら、その実績を示す多くの記事やWebサイトが上位に表示されているかどうかで判断できます。

また、そのプラグインを使用して作成されたコンテンツがどれだけ読者に受けているかも大切な指標です。

実績を確認する際には、プラグインのユーザー数やダウンロード数などのデータを調べると良いでしょう。

プラグインの機能比較

利用可能なChatGPTプラグインは、それぞれ様々な機能を提供しています

文章の自動生成、キーワードの最適化、読みやすさの改善など、目的に応じた機能を持つプラグインを選ぶことが大切です。

SEO対策を主眼とするなら、キーワード挿入やメタデータの最適化を助けるプラグインが有効です。

また、個々のプラグインの特徴を比較するときには、対応するテキストフォーマットや統合可能な他のツールとの互換性も考慮しましょう。

更新頻度とサポート体制

安定していて信頼できるプラグインを選ぶためには、開発者が頻繁に更新を行っているか、また適切なサポート体制が整っているかをチェックします。

定期的なアップデートは、SEOトレンドの変化に迅速に対応するために重要です。

サポート体制が整っているプラグインでは、問題が発生した際に迅速な対応が期待できます。

フォーラムやFAQ、チュートリアルなどの資料の充実度も確認しましょう。

4. ChatGPTで記事のSEO対策を強化する手法

## 4. ChatGPTでSEO対策を強化する手法
のAIイメージ画像
  • コンテンツの充実度チェック
  • シンタックスエラーの識別と修正
  • インターナルリンキングの提案

コンテンツの充実度チェック

記事の充実度は、SEOにおいて非常に重要です。

内容が豊富で関連性が高いコンテンツほど、検索エンジンによる評価が向上します。

ChatGPTの活用によって、文章の一貫性や情報の網羅性を分析し、足りない部分や改善点を指摘できます。

例えば、ある記事について「最新の研究が不足している」「関連する統計データが必要」といった提案を行えば、そのアドバイスにしたがって内容を追加することでSEO対策を強化できます。

シンタックスエラーの識別と修正

正しい文法やシンタックス(構文)は、読みやすい記事作りにおいて不可欠です。

ChatGPTは、記事中の文法の誤りや表現の不自然さを見つけ出し、適切な修正案を提供できます。

例えば、誤用されている単語を修正したり、不明瞭な表現をもっと明確にしたりすることで、記事の品質が高まり、SEOパフォーマンスを向上させることができます。

インターナルリンキングの提案

インターナルリンキングとは、同一Webサイト内の異なるページ間を結ぶリンクのことで、これによってWebサイトの情報構造を強化し、SEOに良い影響を与えます。

難しく言っていますが、いわゆる内部リンクです。

ChatGPTの利用によって、既存のコンテンツとの関連性を元に、適切なインターナルリンキングの提案が可能になります。

記事内で触れられているトピックに関連する他のページをリンクとして挿入することで、ユーザーのサイト内での滞在時間の増加や、クロール効率の向上が期待できます。

5. 自動生成を超える
ChatGPTを使ったSEO記事の質の向上

  • 編集ガイドラインの設定
  • オリジナリティの導入
  • 情報の正確性の確認
  • ユーザーのフィードバックを反映

編集ガイドラインの設定

編集ガイドラインとは、ブログ記事の品質を保ち、読者に一貫した経験を提供するためのルールや基準のことです。

ChatGPTを使う際にもこれは非常に重要です。

まず、独自の記事の声やスタイルを決めることからはじめましょう。

例えば、「コンテンツは親しみやすく、教育的である」や「SEOに関連したキーワードを適切に使用する」といった指針を設けると良いでしょう。

また、ChatGPTで生成したコンテンツを公開する前に、必ず校正し、投稿の目的に合わせて文脈に応じた編集を行うことで、質を高めることができます。

オリジナリティの導入

ChatGPTを用いた記事作成においてオリジナリティを導入することは、読者に新鮮な体験を提供し、検索エンジンでのSEOスコアを向上させるために不可欠です。

オリジナリティのある記事を作成するには、既存の情報に基づいて独自の分析や意見を加えることが重要です。

例えば、一般的なトピックについて、あなた独自の調査やインタビューから得られた情報を取り入れることによって、オリジナルの価値が生まれます。

ChatGPTにオリジナルのコンテキストやデータを入力することで、同じ主題についてでも異なる視点やコンテンツを生成できます。

情報の正確性の確認

ChatGPTが生成した記事の情報を検証することは非常に大切です。

一般に、ChatGPTは信頼できる情報を提供しますが、特に専門性が高いトピックに対しては、専門家によるレビューが推奨されます。

また、統計データや科学的な事実が含まれる場合には、最新の研究や公式統計を確認し、情報が正しいことを保証することが必要です。

これは読者にとっての信頼性を高めるとともに、SEOにとっても価値のあるコンテンツを作成する上で重要な点です。

ユーザーのフィードバックを反映

ユーザーからのフィードバックは、ChatGPTで生成した記事の質を向上させるための貴重な情報源です。

読者がどの部分が役に立ったか、どの点が理解しにくかったかなどのレビューは、内容の改善や読者の関心に合わせたコンテンツ調整に役立ちます。

また、コメントセクションやソーシャルメディアを通して直接フィードバックを求め、それらを分析して、将来の記事の方針を決定することも有効です。

こうした定期的なリサーチと改善流れの循環は、長期的な読者のエンゲージメントと読者層の拡大に繋がります。

6. ChatGPTが生み出すSEO記事作成プロンプトの魅力

## 6. ChatGPTが生み出す記事作成プロンプトの魅力
のAIイメージ画像
  • タイムリーなトピックの提案
  • 独自性の高いコンテンツの生成
  • 複数形式のコンテンツへの適応
  • 再利用可能なテンプレートの作成

タイムリーなトピックの提案

ChatGPTは、SEOに有利な、タイムリーで関連性の高いトピックの提案を得意としています。

例えば、季節のイベントや最新のトレンドに基づいた記事のアイデアを瞬時にリストアップできます。

これにより、記事は検索エンジンでのランキングが向上し、多くの読者に届きやすくなります。

また、現在興味を引く可能性があるテーマについて、より深く、具体的な情報を提供することもできるため、訪問者の関心を引き、サイトの訪問時間を長くできます。

独自性の高いコンテンツの生成

ChatGPTを使用する最大の利点の1つは、独自性の高いコンテンツの生成です。

既存の情報をもとに、新しい角度からの解釈や独自の分析を加え、ユニークな記事が作成できます。

このことは、コンテンツがSEOに良い影響を与え、検索エンジンでの一意性と認識されるため、検索結果で目立つようになります

これによって、独自性が求められる記事市場において、競合他社との差別化が図れるというメリットがあります。

複数形式のコンテンツへの適応

記事だけにとどまらず、ChatGPTブログ、SNSの投稿、ニュースレターなど複数形式のコンテンツへの適応が可能です。

例えば、テキストベースのブログ記事をビデオスクリプトやポッドキャストの台本に変換することもできますし、SEOパフォーマンスを高めるために、メタデータやキーワードを最適化した概要を生成することも得意です。

この多様性が、幅広いメディアでのプレゼンスを強化し、多様なオーディエンスに効果的にアプローチ可能です。

再利用可能なテンプレートの作成

ChatGPTは、効率的な記事作成のための再利用可能なテンプレートを作ることができます。

特定の記事フォーマットがよく機能する場合、その構造をテンプレートとして保存し、異なるトピックに再利用することによって、一貫性のあるスタイルの記事を継続的に生産できます。

これは、作業の時間を節約し、SEO戦略におけるキーワードの統合やメタデータの最適化も容易にするため、検索エンジンでの記事の可視性を改善することに繋がります。

7. ChatGPTによるSEO記事の影響
長期的視点での分析

## 8. ChatGPTによるSEO記事の影響:長期的視点での分析
のAIイメージ画像
  • 検索ランキングの変動追跡
  • トラフィックの増減分析
  • ユーザーエンゲージメントの測定
  • コンテンツの収益化効果

検索ランキングの変動追跡

ChatGPTが生成したSEO記事は、検索エンジンのランキングに大きな影響を与えることがあります。

ランキングは、記事が検索結果の上位に表示される頻度を意味します。

長期的な視点で見ると、常に最新で有用なコンテンツを提供することが重要です。

例えば、ChatGPTによって作成された記事が多くのキーワードで好位置にランクインしている場合、その影響は数週間から数か月にわたって持続する可能性があります。

しかし、競合他社も同様の戦略を取れば、ランキングは変動します。

よって、定期的にコンテンツを更新し続ける必要があります。

トラフィックの増減分析

ChatGPTによるSEO最適化された記事は、Webサイトへのトラフィックを増やすことが期待されます。

トラフィックの増減は、訪問者数やページビューの数で測定でき、それぞれのデータはWebアナリティクスツールで確認できます。

例を挙げると、ChatGPTが生成した質の高い記事が検索エンジンで良い位置に表示されている場合、より多くの訪問者がWebサイトに流入するはずです。

しかし、検索アルゴリズムは更新されるため、長期的なトラフィックの維持には、継続的なSEO対策が必要です。

ユーザーエンゲージメントの測定

ユーザーエンゲージメントとは、訪問者がWebサイトでどれだけの時間を過ごし、どれだけのページを閲覧するかといったユーザーの関与度を指します。

ChatGPTによるSEO記事がユーザーにとって魅力的であれば、彼らの滞在時間が長くなり、エンゲージメントが高まることは明白です。

例えば、ChatGPTが書いた記事がユーザーの質問に的確に答えている場合、ユーザーはそのサイトを信頼し、リピーターになることが多いでしょう。

これは、コメントやソーシャルメディアでの共有など、様々な形で測定可能です。

コンテンツの収益化効果

SEOに最適化されたChatGPTによる記事は、コンテンツの収益化に大きく寄与することが期待されます。

収益化とは、Webサイトが広告収入を得たり、商品やサービスを販売したりすることで利益を上げることです。

例えば、高品質なコンテンツは広告クリックやアフィリエイトリンクのクリック率を向上させることがあります。

長期的には、ChatGPTが生成した記事が多くの潜在顧客を集めれば集めるほど、収益の可能性は高まると言えます。

ただし、ユーザーのニーズやインターネットのトレンドの変化に応じて、定期的にコンテンツを調整する必要があります。

8. ChatGPTを使った記事作成
SEOを意識したアプローチ

  • 検索エンジンガイドラインの遵守
  • 高品質バックリンクの獲得戦略
  • E-E-A-T(専門性、経験、権威性、信頼性)原則の実践

検索エンジンガイドラインの遵守

記事を書く際には、まず検索エンジンが好むガイドラインに従うことが大事です。

検索エンジンは、ユーザーにとって有益な情報を提供したいと考えています。

したがって、ChatGPTで記事を作成するときは、読者に価値のある内容を心がけましょう。

記事の構成は論理的にし、重要なキーワードを自然に含めることがSEOには重要です。

不自然なキーワードの詰め込みやコピーされたコンテンツは避けるべきです。

最終的な目標は、読者にとって有意義でわかりやすい記事を作成することです。

高品質バックリンクの獲得戦略

SEOを強化するには、他のWebサイトからの高品質なバックリンクを獲得することが効果的です。

これは他のサイトが記事を参照している証拠であり、検索エンジンに記事の信頼性を示します。

バックリンクを獲得するためには、業界内の影響力のあるWebサイトやブログと関係を築き、コンテンツの共有を依頼することが必要です。

ChatGPTを活用して質の高い記事を書き、それらを適切なフォーラムやSNSで積極的に共有し、注目を集めましょう。

E-E-A-T(専門性、経験、権威性、信頼性)原則の実践

良質なSEOを意識した記事作成には、E-E-A-T(専門性、経験、権威性、信頼性)の実践が欠かせません。

ChatGPTで作成する記事では、事実に基づいた情報を提供し、必要に応じて専門家の意見や研究結果を引用することが重要です。

また、執筆者の経歴や資格を明確にすることで、権威性を示すことができます。

信頼性を高めるためには、正確なデータと透明性のある情報源を使用することが肝心です。

9. ChatGPTのSEOツールとしての活用法
事例を交えて

## 10. ChatGPTのSEOツールとしての活用法:事例を交えて
のAIイメージ画像
  • 成功事例の分析
  • 失敗例のレビュー
  • SEO指標への影響の評価

成功事例の分析

良質なコンテンツを作成するためには、SEOの理解が不可欠です。

ChatGPTをSEOツールとして活用する成功事例の1つに、キーワード最適化された記事作成が挙げられます。

例えば、「TextCortex」というトピックで、実際に生成した記事を公開した場合、競合他社が少ないこともあり、上位を獲得しています。

結果、Webサイトへのトラフィックが増加しました。

失敗例のレビュー

しかし、ChatGPTを活用した中で失敗例もあります。

例えば、ChatGPTで記事を作成し、十分な手動の編集を行わずに内容を公開したこともこのブログで試しています。

生成された記事は内容を幅広く含む一方で、GoogleのE-E-A-Tを満たせずに低品質と判定。

これにより、記事にキーワードで順位がつくことなく、期待したSEO効果が得られませんでした。

重要な学びは、ChatGPTを使った記事は必ず人間がチェックするべきであるという点です。

SEO指標への影響の評価

ChatGPTによる記事作成は、SEO指標にポジティブな影響をおよぼすことが多いです。

例えば、クリックスルーレート(CTR) の改善、バウンスレートの低下被リンク数の増加などが期待されます。

キーワードが適切に分散された文章は、検索エンジンによって良い評価を得やすく、それが検索順位の向上につながります。

ただし、この効果を維持するためには、定期的にコンテンツを更新し、SEOの最新の動向に合わせた調整が必要です。

SEO指標の改善は、長期的な視点で取り組む必要があります。

10. おすすめはAIライティングツールのSAKUBUN

記事を作成する際に有効なツールの1つとして、AIライティングツールのSAKUBUNがあります。

このツールは、文章を書くのが苦手な初心者でも、簡単にコンテンツを生成する手助けをしてくれます。

特に、記事の質を向上させたいと思っている方には、大変役に立つツールだと言えるでしょう。

SAKUBUNを使用すると、ユーザーが入力したキーワードや文章のテーマに基づいて、適切なコンテンツをAIが提案してくれます。

初心者がChatGPTやSEOを理解しながら記事を書くためには、いくつかのステップを踏む必要がありますが、SAKUBUNを使うことで、その流れが簡略化され、より効率的な記事作成が可能になります。

そのため、文章作成のお供として、ぜひSAKUBUNの利用を検討してください。

10倍速でコンテンツ作成!AIライティングSAKUBUN

まとめ

ChatGPTを用いたブログ記事制作では、効率化とSEOの強化が可能です。

  • タイトルやアウトラインの自動生成、キーワードリサーチを駆使して内容を拡充
  • SEOに貢献するプロンプトの設計、ユーザーの検索意図に対応した質問型プロンプトの活用
  • コンテンツ充実度チェックなど内部SEO対策も重要

しかし、自動化に頼りすぎるとオリジナリティや情報の正確性が損なわれる恐れがあります。

この懸念を解消するには、AIツールの活用はあくまで補助とし、人間のエディターによる最終的な精査とガイドラインに基づく品質管理が推奨されます。

少しでも手間を省きたいと考えたら、AIライティングツールSAKUBUNをぜひ試してみてください。

AI writer

This article was written by an AI writer.

この記事はAIライターによって自動生成され、監修者(ページ下部記載)の校正・校閲・リライトを経て公開されています。AIライターは、常に最新の自然言語処理技術を使用して、多様なトピックについて高品質な記事を生成しています。AIライターのイメージ画像もAIが作成しています。

AI writer

監修者 : A・Yoshida

Webライターとして10年以上の経験を持ち、コピーライティング、SEO対策、マーケティング、ブログ執筆、SNSコンテンツ制作などの分野で活躍中。 企業や個人のSEOコンテンツ制作のアドバイザリーや制作に貢献する専門家。AI原稿作成サービスを提供中。プロフ画像はAIが作った模様。