【革新】ChatGPT×ブログ自動化|SEOとマネタイズを極める究極ガイド

  • 更新日:2024/01/06
  • AIコンテンツ作成

*本ページはプロモーションが含まれています
この記事は、GPTのAPIを活用することで、画像・本文・入稿に至るまですべて自動化されています。公開前に編集者のファクト・エビデンスチェックなどの工程を経ていますが、お見苦しい表記があればお問い合わせください。

「ブログ自動化って本当にうまくいくの?」

「ChatGPTを使って本当に価値のあるコンテンツが作れるの?」

についてお悩みですね。確かに、ブログの自動化は時短にはなるものの、クオリティやオリジナリティを維持できるのかという不安は理解できます。

しかし、自動化がもたらす便利さだけでなく、適切な知識やツールがないと、SEO対策が疎かになったり、人間らしいタッチが欠けた内容になるリスクもあります。

そこで、この記事では、ChatGPTを利用したブログ自動化の概要とその可能性から始まり、SEO対策、アイデア生成、マネタイズ戦略まで、ブログ運用を革新するための実践的なアドバイスなどを詳しく解説します。ぜひ、最後までご一読ください。

この記事は、GPTのAPIを活用することで、
画像・本文・入稿に至るまで
すべて自動化されています。
公開前に編集者のファクト・エビデンスチェック
などの工程を経ていますが、
お見苦しい表記があればお問い合わせください。

Contents

1. ChatGPT ブログ自動化の概要とその可能性

  • ChatGPTの基本的な機能とブログ自動化への適用
  • ブログの質と更新頻度の向上に寄与するChatGPTの役割

ChatGPTの基本的な機能とブログ自動化への適用

ChatGPTは、自然言語処理を活用し会話を生成するAIです。

ブログの自動化においては、新しい投稿のドラフト作成や、キュレーションコンテンツの生成読者からの質問に対する返答生成などが可能です。

具体的には、ブログのテーマに合わせた記事の構想を立て、リサーチに基づく情報を織り交ぜながら記事を作成します。

この能力は、定期的なコンテンツの更新を必要とするブログ運営者にとって、時間を節約すると同時に創作の幅を広げる手段となり得るでしょう。

ブログの質と更新頻度の向上に寄与するChatGPTの役割

ChatGPTはブログの質と更新頻度を向上させるために、編集の支援を提供します。

例えば、新規記事の作成、既存のコンテンツのリライトや、検索エンジン最適化(SEO)のためのキーワードの組み込み作業を効率化します。

さらに、多様なスタイルやトーンに合わせた文章生成が可能であり、ブログの魅力を増す独自性を打ち出すことも期待できます。

定期的な更新が必須なブログでは、ChatGPTによる迅速なコンテンツ生成が可能となり、読者の関心を継続的に惹きつけることに繋がるでしょう。

2. 初心者でも始めやすい!
ChatGPTブログ自動化の基礎知識

## 2. 初心者でも始めやすい!ChatGPTブログ自動化の基礎知識
のAIイメージ画像
  • ChatGPTの設定とカスタマイズの基本手順
  • 無料と有料のChatGPTオプションの比較
  • ブログ自動化のためのAPIの利用方法

ChatGPTの設定とカスタマイズの基本手順

ChatGPTを使ってブログを自動化する際、まずは基本設定からはじめましょう。

Open AIのアカウントを作成し、プロンプトを作成します。

なお、プロンプトのカスタマイズには、特定のトピックへの関心や会話スタイルの指定が含まれます。

簡単に作るなら、以下のテンプレートを使って打ち込むだけで良いでしょう。

#指示
あなたのタスクは、入力値の見出しに対し、本文を書くことです。
#役割
あなたはコンテンツライターです。詳細に本文を書きます。
#ルール
文字数は300文字程度
中学生レベルでわかりやすく
#入力値
ChatGPTにおけるブログの自動化
#出力
(ここに本文を入力)

これにより、ChatGPTはブログの目的に合わせた文章を生成できます。

無料と有料のChatGPTオプションの比較

無料版のChatGPTを使用すると、基本的な会話機能やコンテンツ生成が可能ですが、高度な機能は制限されます。

一方、有料オプションでは、より多くのカスタマイズ機能やAPIアクセスが提供されます。

例えば、無料版では素早い応答が得られる一方で、有料版では応答が遅くなる代わりに精度が高く、メッセージ数に制限があります

後ほど、リライトして使うことを考えると、ブログ自動化のためには、有料オプションの利用が効果的かもしれません。

ブログ自動化のためのAPIの利用方法

ブログを自動化するためにChatGPTのAPIを利用する場合、まずはAPIキーを取得し、ブログのWebサイトやアプリケーションと接続する必要があります。

APIを通じて、ChatGPTをブログシステムに統合し、記事の生成や更新を自動化する仕組みです。

実際にこの記事でもAPIが使われており、複数の技術を組み合わせた上でWordPressの下書きまで実現しています。

以下は、GPTへアクセスするPythonコードの例です。

import openai

def chat_with_gpt(prompt, model="ここにモデル", max_tokens=100):
    # OpenAIのAPIキーを設定
    openai.api_key = 'your-api-key'

    # ChatGPTに問い合わせ
    response = openai.Completion.create(
        model=model,
        prompt=prompt,
        max_tokens=max_tokens
    )

    # 応答テキストを返す
    return response.choices[0].text.strip()

# 使用例
prompt = "こんにちは、今日の天気はどうですか?"
response = chat_with_gpt(prompt)
print(response)

複数のコードを組み合わせる(この記事用のコードは933行ありました)必要があるものの、一定の自動化は実現できます。

ただし、APIの利用には、技術的な知識が必要になるため、プログラミングの経験があるか、または開発者のサポートを受けることをおすすめします。

APIの設定が完了すれば、ブログのコンテンツ生成を効率的に管理でき、読者に魅力的な情報を提供し続けることが可能です。

3. ChatGPTを使ってSEOに強いブログを作る方法

  • キーワード最適化のためのプロンプト作成法
  • 長期的なSEO視点での記事作成戦略
  • 内部リンクと外部リンクを生成するChatGPTスクリプト

キーワード最適化のためのプロンプト作成法

ブログで集客を狙ううえで、キーワード最適化は不可欠です。

ChatGPTを使うことで、キーワードを組み込んだ質の高いプロンプトを作成できます。

まずは、主要トピックに基づいて、主要キーワードを選定しましょう。

その後、関連するキーワードをプロンプトに盛り込むと、SEOに強い内容を生成できます。

単純に、検索して得られるようなキーワードも参考になりますし、共起語を設定しても良いはずです。

chatgpt ブログ
chatgpt ブログ 作成
chatgpt ブログ プロンプト
chatgpt ブログ 自動化
chatgpt ブログ オワコン
chatgpt ブログ 生成
chatgpt ブログ 自動生成

それぞれのキーワードをプロンプトに盛り込むことで、ChatGPTにSEOに強い内容を生成させます。

「〇〇」と「××」と「△△」というキーワードを本文で使う

というように、検索者が興味を持ちそうなフレーズを使用しましょう。

ChatGPTはそれぞれの指示に基づき、ブログの記事を自動生成し、SEO対策に貢献します。

長期的なSEO視点での記事作成戦略

SEO対策を長期的に行っていくには、流行に左右されない普遍的な内容を含めることが重要です。

この戦略でカバーすべきポイントは、「基本情報の提供」「専門的知見の共有」「ユーザーの疑問解消」などです。

ChatGPTを使うと、それぞれの内容を反映したプロンプトからブログ記事を生成できます。

しかし、『春』という季節性や、『トレンドワード』は、時期が過ぎると検索が減ってしまうでしょう。

そのため、最初のうちは「常に検索されるテーマ」を選ぶとアップダウンを減らせます。

この長期的なSEO視点を持つことで、ブログを時代に合わせて作り込める基盤を築き上げましょう。

内部リンクと外部リンクを生成するChatGPTスクリプト

ブログのSEO対策には、内部リンクと外部リンクが不可欠です。

しかし、ChatGPTそのものだけでは内部リンクを促進できません。

あくまでも別のツールや、記事リストを提示して、その情報から候補を選んでもらうまでにとどまるでしょう。

そのため、リンクしたい記事があるなら、ブログ記事内で関連する他の記事へのリンクを挿入するための指示をChatGPTに与えます。

本文には、[タイトルテキスト](URL)の内部リンクを設置する

とプロンプトに記入します。

これにより、ChatGPTは関連する内部リンクを提案したり、文字リンクで提示したりできます。

なお、検索機能を使えるChatGPT Plusであれば、外部ソースへのリンクも生成できるでしょう。

こうした小さな自動化の積み重ねにより、効率的にSEO対策を施したブログを構築できます。

4. ChatGPTでブログ記事のアイデアを
次々生成するプロンプトの活用術

## 4. ChatGPTでブログ記事のアイデアを次々生成するプロンプトの活用術
のAIイメージ画像
  • 業界トレンドを反映したアイデア提案
  • 質問・回答形式のプロンプト設計
  • ターゲットオーディエンスに合わせたコンテンツ生成

業界トレンドを反映したアイデア提案

業界トレンドを取り入れたブログ記事のアイデアを生成するためにChatGPTを活用することは、読者の関心を引きつける効果的な方法です。

まず、関連する業界のキーワードやニュースをピックアップし、それらに基づいてChatGPTに具体的なプロンプトを提供します。

例えば、「2023年のIT技術トレンドは?」と尋ねることで、最新技術に関するブログ記事のアイデアが生まれます。

また、新しい製品のレビューや業界イベントのまとめなど、対応するアイデアもChatGPTに要求できます。

このようにして、読者が興味を持つであろうコンテンツを継続的に提供できます。

可能であれば、検索機能を付与できる
ChatGPT Plusでの実行をおすすめします。

質問・回答形式のプロンプト設計

ブログ記事を質問・回答形式で自動化するには、ChatGPTに対して特定の質問をするようなプロンプトを設計します。

例えば「初心者がよくする仮想通貨投資の質問とは?」と尋ねることで、それに関連する記事アイデアを生成できます。

質問に基づいたプロンプト設計は、実際に読者が持つ疑問を反映し、よりエンゲージメントの高いブログを作成する助けとなります。

頻出する質問をリストアップし、それに対する答えをChatGPTで作成することで、信頼性のある情報源としてのブログの地位を固めることもできるでしょう。

ターゲットオーディエンスに合わせたコンテンツ生成

ターゲットオーディエンスに合わせたコンテンツを生成するには、ChatGPTを利用してオーディエンスの興味やニーズに沿ったアイデアを出します。

例えば、20代の若者をターゲットにする場合は、「20代におすすめの健康習慣」のプロンプトをChatGPTに提供します。

結果として提案されたアイデアは、若者が好むトレンドや情報をあわせ持ったブログ記事に発展しやすくなるはずです。

このアプローチにより、読者の興味にマッチするコンテンツを作り出し、彼らの継続的なフォローを促すようなブログにできます。

5. ブログの時代は終わったなんて誰が言ったの?
ChatGPTと共にブログをイノベートする

  • マルチメディアコンテンツへの進化
  • 他プラットフォームへの記事再利用戦略
  • コミュニティとの対話を促進するブログの役割

マルチメディアコンテンツへの進化

マルチメディアコンテンツの導入は、ブログを魅力的にし、より多くのアクセスを引き寄せます。

例えば、文章だけでなく、画像や動画、インフォグラフィックを積極的に取り入れてみましょう。

実際、きれいな画像に囲まれた記事や、ポイントを押さえたインフォグラフィックがあるページは、情報を伝えるうえで非常に効果的です。

また、動画は特に若い世代に親しまれており、ブログに訪れた人を長く留めることができます。

他プラットフォームへの記事再利用戦略

ブログのコンテンツは、他のプラットフォームへの再利用によってさらなる価値を生むことができます。

例えば、ブログ記事から要点を抜き出し、X(旧:Twitter)でシェアしたり、内容をもとにPodcastで議論を展開したりできます。

また、ChatGPTの活用によって、記事の内容を様々な形式に自動化して変換し、それを各ソーシャルメディアに合わせた形で拡散する戦略を練ることもできます。

例えば、長い記事を短いFacebookの投稿にまとめるためのサマリーや、LinkedIn向けのプロのアプローチなど、効率的な方法が提案されるでしょう。

コミュニティとの対話を促進するブログの役割

ブログは、コミュニティとの対話を促進する場として非常に有効です。

読者がコメントを通して感想や意見を共有できるスペースを提供することは、関与を増やし、読者間の議論を生み出します。

ChatGPTと協力して、質問を投げかけることで読者の反応を引き出したり、様々なトピックに対するフィードバックを自動化して収集したりできます。

ブログが盛り上がり、コミュニティが形成されると、そのブログは情報を発信するだけでなく、読者が参加しディスカッションできるプラットフォームとしても運用できるでしょう。

ただし、構築や埋め込みには一定の技術が必要です

6. 記事の量産はChatGPTの得意技!
高速で質の高いコンテンツ生成

## 6. 記事の量産はChatGPTの得意技!高速で質の高いコンテンツ生成
のAIイメージ画像
  • テンプレートを使用した効率的な記事の作成
  • 一つのトピックから複数記事を派生させる方法
  • 記事の一貫性と独自性の確保

テンプレートを使用した効率的な記事の作成

テンプレートを使用することで、ChatGPTは非常に効率的に記事を生成できます。

まず、同じカテゴリーやトピックに沿った文章の構造を用意します。

例えば、イントロダクション、メインコンテンツ、まとめという順序で節を組立ます。

それぞれ、異なるプロンプトをコピー&ペーストで用意できると楽ですね。

このテンプレートに従い、ニーズに合わせてキーワードや関連情報を差し替えていくことで、似たようなトピックでも異なる視点や情報を提供するユニークな記事を素早く作成できます。

ブログ運営時には、各記事ごとに異なるアイデアやデータを加えることで、読者に新鮮さを提供し続けることが大切です。

1つのトピックから複数記事を派生させる方法

ChatGPTを用いて、1つのトピックから複数の記事を派生させるには、まず基本テーマを定めます。

次に、それを異なる角度から展開していくことです。

例えば「健康的な生活」をテーマにする場合、運動、食事、睡眠、ストレス管理など、複数の側面に焦点を当てた記事を生成します。

同じトピックを扱いながらも、各記事で異なるサブテーマに焦点を当てることで、コンテンツの多様性が増し、読者の興味を引き続けることができるでしょう。

ChatGPTの自動化能力を活かし、関連する資料やデータを取り入れることで、各記事に深みを加えることが大切です。

記事の一貫性と独自性の確保

記事の一貫性を確保するためには、ブランドやブログのトーン&マナーを守りつつ、ChatGPTを使って各記事に一定の形式を保たせることが重要です。

例えば、同じ種類の導入文、同じ形式の見出しを使うことで、一貫性が保たれます。

独自性を確保するためには、テンプレートに従った構成の中で、独自のデータや研究、引用、またはインタビューなどを加えていくことが必要です。

ChatGPTの自動化された機能を駆使しつつも、人間らしいタッチを加えることで、質の高い独自のコンテンツを創出できます。

読者にとって有益かつ魅力的な記事を常に目指すことが大切です。

7. 書き方のコツを押さえて、
チャットGPTで発信力をアップさせる方法

  • 読みやすい文章の構造とは
  • 目を引く見出しとサマリーの作成技術
  • 感情を引き出す物語性のある記事の書き方

読みやすい文章の構造とは

読みやすい文章の構造を作るには、明確な序論、本論、そして結論が基本です。

いわゆる、PREPの形式がわかりやすいはずです。

またSDSという序論で主題を示し、本論ではその主題に沿った詳細情報や具体例を提供し、読者に理解を深めてもらう手段もあります。

いずれにおいても、最後に結論で内容をまとめ、読者に強い印象を残すと読みやすくなるでしょう。

目を引く見出しとサマリーの作成技術

見出しは記事の「顔」ともいえる部分であり、読者の関心を引くために重要です。

見出しは簡潔でありながら、内容の魅力が十分伝わるようなものであるべきです。

また、記事のサマリーは読者が内容を一瞥して全体像を把握できるように要点を凝縮したものです。

例えば、自動化をテーマにしたブログの見出しで「時短!ChatGPTによる効率的なコンテンツ制作術」というフレーズを使用し、サマリーではChatGPTを利用した具体的な効果や手順を簡潔に紹介します。

感情を引き出す物語性のある記事の書き方

記事に物語性を持たせることで、読者の感情に訴えかけることができます。

ストーリーテリングを活用して、ChatGPTとブログの制作過程を描くことで、読者を引き込みます。

例えば、ChatGPTを活用したブログの記事で、自動化による失敗と成功の逸話を交えながら、リアルな体験談を織り交ぜると、より感情に訴える内容となります。

読者は、物語の主人公として自分を重ね合わせることで、深い共感を覚えるでしょう。

8. ブログで収益を上げる!
ChatGPTを活用したマネタイズの秘訣

## 8. ブログで収益を上げる!ChatGPTを活用したモネタイズの秘訣
のAIイメージ画像
  • アフィリエイトリンクを組み込むコツ
  • 有料コンテンツとメンバーシップモデルの提案

アフィリエイトリンクを組み込むコツ

アフィリエイトリンクを効果的に組み込むことは、ブログの収益化にとって重要です。

ChatGPTの利用によって、関連するコンテンツの提案が得られたり、適切なアフィリエイトリンクを見つける作業を自動化できます。

[〇〇]について、訴求してください。
その後、[ここにURL]を貼り付けてください。

他にも、商品レビューや比較記事を書く際に、ChatGPTに関連する商品情報や特徴を尋ね、得られた情報に基づいてリンクを組み込むことも挙げられます。

さらに、ChatGPTを活用してユーザーの質問に答えるQ&Aセクションを作り、その中にアフィリエイトリンクを埋め込むという戦略も有効です。

有料コンテンツとメンバーシップモデルの提案

有料コンテンツやメンバーシップモデルの提案においては、独占性や付加価値創出が鍵となります。

ChatGPTを使うことで、特別なリポート、ガイド、電子書籍などの作成を支援し、ブログのファンにしか得られない特典を提供できます。

例えば、ChatGPTを活用して専門的なトピックに関するディープダイブ(ブレインストーミングをより深く掘り下げた)記事や、読者の特定の悩みを解決するハウツーコンテンツを生成して会員限定で公開することが考えられるでしょう。

さらに、マスタークラスやオンラインセミナーをメンバーシップ特典の一部として提供し、これらを企画・構成するためにChatGPTを使用することで付加価値を高めることができます。

9. ChatGPTとWordPressを連携させる!
自動投稿で手間を削減するコツ

  • ChatGPTとWordPressのAPI連携方法
  • 自動投稿スケジュールの設定
  • エラー監視と自動修正のシステム

ChatGPTとWordPressのAPI連携方法

ChatGPTをWordPressのAPIに連携させて自動投稿を行うためには、APIキーWordPressプラグインが必要です。

  • Application Passwords(プラグイン):REST APIで利用するユーザー認証情報の作成
  • APIキー:GPTを利用するためのキー

WordPressのREST APIを使用すれば、ChatGPTが生成したコンテンツをWordPressへと投稿できます。

url_post = 'https://〇〇〇〇/wp-json/wp/v2/posts'
username = 'ユーザー名'
password = 'Application Passwordsで生成したパスワード'
post_data = {
        'title': ここにタイトル,
        'content': 本文,
        'excerpt': ディスクリプション,
        'status': 'draft',  # 下書き
        'featured_media': img_id, # アイキャッチ
    }
response = requests.post(url_post, auth=HTTPBasicAuth(username, password), json=post_data)

# エラーハンドリング
if response.status_code == 201:
     print("記事が下書きとして投稿されました。")
     print("投稿された記事のURL:", response.json()['link'])
     write_cells(url,response.json()['link'])
else:
     print("記事の投稿に失敗しました。エラー:", response.status_code)
     print("詳細なエラーメッセージ:", response.text)

流れとしては、以下のとおりです。

  1. GTPのAPIで本文やタイトルを生成する
  2. 記事をフォーマットする(マークダウンで生成したならHTMLへ)
  3. REST APIで記事をプッシュする(画像が必要なら別コードを書く)
  4. 記事を確認して公開する

プラグインを利用できれば、「ChatGPT」と「ブログ」の連携が可能になり、記事の生成から投稿まで自動化できます。

自動投稿スケジュールの設定

自動投稿をスムーズに運用するためには、適切なスケジュール設定が重要です。

ChatGPTが生成した記事に対して、特定の間隔や時間に自動で投稿する設定を行いましょう。

WordPressでは「投稿スケジュール」の機能があります。

そこに、例えば毎週月曜日の朝8時に新しい記事を投稿する、など具体的なスケジュールを設定します。

この際、読者がアクセスしやすい時間帯を考慮することが大事で、自動化を上手に活用してブログ運営の手間を削減できます。

エラー監視と自動修正のシステム

自動投稿では時にエラーが発生することがあるため、エラー監視自動修正のシステムを導入することが推奨されます。

WordPressやChatGPTで生成されたコンテンツにエラーがないか、定期的にチェックするプログラムを設定します。

例えば、投稿に失敗した場合の再投稿処理、スペルミスや文法エラーのチェックツールを活用するなどの方法があります。

また、誤った情報の修正や更新が必要な場合、それぞれの自動化システムが大変役立ちます。

常にブログの品質を保つためにも、この安全対策を万全にしておくことが重要です。

10. おすすめはAIライティングツールのSAKUBUN

初心者の方にぜひおすすめしたいのが、AIライティングツールの「SAKUBUN」です。

これは、AI技術を利用して文章を自動生成するツールであり、ブログ記事SNSの投稿文などを手軽に作成できます。

Googleアカウントがあれば、クレジットカードを登録しなくても無料でお試しできます。

例えば、ブログ記事を書きたい場合、テーマやキーワードを入力すると、そのテーマに沿ったオリジナルの文章が生成されるといったツールです。

また、カスタムテンプレートがあり、ChatGPTに入力していたプロンプトを保存しておいて、ジェネレーターとしてすぐ利用できます。

実際に、筆者が作って動かしてみているテンプレートです。

こうして、時間をかけずに文章を自動で作成できます。

実際にSAKUBUNを使用するメリットとしては、文章作成にかかる時間の短縮、アイデア出しの手助け、また心理的なハードルの低減が挙げられます。

特に初心者の方には、文章の枠組みやアイデアをAIが提供してくれるので、書きはじめることへの抵抗が少なくなります。

ただし、AIで生成された文章は最終的なチェックが必要です。

AIは優れたツールではありますが、時には不自然な表現や誤った情報を含む可能性があるためです。

得られた文章を元に、自分なりの工夫や改善を加えることで、より質の高いコンテンツへと磨き上げていくことが大切です。

SAKUBUNには、テキストエディターがそなえられているので、簡単に編集できます。

総じて、SAKUBUNは初心者だけでなく、コンテンツ作成の効率化や自動化を図りたい方にも役立つツールです。

ChatGPTでブログを生成したくても、APIを利用したツールが作れないときにはSAKUBUNを使いましょう。

WordPressとも連携できるため、すぐに下書きできますよ。

まとめ

ChatGPTを活用したブログ自動化は、ブログの質と更新頻度を向上させ、SEO対策や収益化にも貢献する有望な潮流です。

  • ブログコンテンツの自動生成とSEO最適化
  • 複数プラットフォームへのコンテンツ再利用と収益化戦略
  • 効率的な記事更新を支援するAPI連携とプラグイン利用

しかし、自動化による内容の均一化やクリエイティブな要素の欠如に対する不安も存在します。

これらの不安を解消するには、ChatGPT生成コンテンツへの人間の監修やクリエイティブなインプットの組み合わせが効果的だと考えられます。

効率化を狙いたい方は、ぜひおすすめのAIライティングツールSAKUBUNのページもご覧ください。

10倍速でコンテンツ作成!AIライティングSAKUBUN
AI writer

This article was written by an AI writer.

この記事はAIライターによって自動生成され、監修者(ページ下部記載)の校正・校閲・リライトを経て公開されています。AIライターは、常に最新の自然言語処理技術を使用して、多様なトピックについて高品質な記事を生成しています。AIライターのイメージ画像もAIが作成しています。

AI writer

監修者 : A・Yoshida

Webライターとして10年以上の経験を持ち、コピーライティング、SEO対策、マーケティング、ブログ執筆、SNSコンテンツ制作などの分野で活躍中。 企業や個人のSEOコンテンツ制作のアドバイザリーや制作に貢献する専門家。AI原稿作成サービスを提供中。プロフ画像はAIが作った模様。